アクリル板を組込ん制作した室内ドアの取替施工事例・加古川市

アクリル板を組込んで当店でオーダー制作したフラッシュ構造の室内ドア取替施工事例です。
before
室内ドアの施工前
既存の室内ドアの老朽化に伴いお客様とデザインの相談後に取替の依頼を受けました。
horizontal
after
室内ドアの施工後
飽きのこないベーシックな室内ドアを制作し取替施工をいたしました。

室内ドア・フラッシュドアの特長

戸やドア構成する横桟(よこさん)や竪(縦)(たてかまち)などの骨組み両面に、合板などを接着し、表面組子(さんくみこ)がない戸(ドア)を「フラッシュ戸」や「フラッシュドア」と呼んでいる。現在、フラッシュ戸(ドア)には、額入りフラッシュ戸ドア)やガラリ入りフラッシュ戸ドア)、額・ガラリ入りフラッシュ戸ドア)などの種類がある。またフラッシュ戸(ドア)に用いられる素材としては、ラワンシナノキ家具造作楽器などに用いられる広葉樹)、ポリエステルメラミン板(ともに成形材に用いられる樹脂1種)、突き板丸太を軸に沿って削り取ってつくられる単板)などがあげられる。
この事例の詳細はこちら